ウワサの〝あのカフェ〟に潜入!堪能するなら断然ひとりがいい!

彼氏、恋人らしき人がいないわけではない…、家庭があり、子どももいる…。それでもキュンキュンしたい!ときめきたいのが乙女心。老いも若きも関係ナシ。

だからと言って、浮気や不倫に走ってしまうのは考えもの。浮気や不倫に走り出してしまいそうな事態に陥ってしまったら…。

雪山の急斜面でスキー、スノボの大暴走!みたいな感じだったら、とりあえず、尻餅ついて、周囲の状況を見回してみる。暴走して、うっかりだれかをケガでもさせてしまったら、自分も大ケガしたら、打ち所が悪くて…、なんて考えたら!暴走している場合なんかじゃない!

気持ちよく、大疾走していたら。ちょっとスピードを緩めてみませんか?スローペースで周囲の風景を見回してみて。あらら?なんだか、自分に対しての周囲の視線が心なしか、イタイ…?

走り出したばかりだったら、とりあえず、止まってみる。我に返ってみる。まだ、引き返せる。…そう、戻ればいいんです。周囲も、自分も、痛い目に遭わないうちに。

そんな説教めいたこと、言わないでよ!ときめきを私にちょうだい!そんな声が聞こえてきそうです。アイドルのおっかけ、なんかも、ちょっとした心の栄養補給にはなるようですが、これもハマると相当散財してしまうらしい。もっと手っ取り早く、痛い目を見ずに、ときめく方法は…!?

あるんです。そんなときめきを得られるステキな場所が。それが巷でウワサの、あのカフェ、このカフェ…。潜入してみました!

まずは、都心の一等地にある〝あのカフェ〟。地下の秘密スペースにいたる入り口には、オシャレした(なぜかコスプレ比率が高い?)女子が集っています。予約時間の(そう!予約をしないと入れない)五分前に薄暗い階段を下りていきました、ら!まあ、見目麗しい男性スタッフがキリリとした衣装に身を包んでのお出迎え。

「ご予約のお名前は…」

…その、涼やかな声にまず、ウットリ。これ、このお店の就職面接に〝見目姿麗しい〟というほかに、〝声がいい〟という項目もあるのに違いありません!(断言)

しずしずと自分の席に案内されます。担当者が、メニューを一個一個、懇切丁寧に説明してくれ、とにかく、夢見心地でオーダー。トイレ行くにも、お茶飲むのも、いちいちいちいち、優雅な仕草でサーブしてくれます!おおうっ。その所作を見ているだけで鼻血が出てしまいそうだ…(お下品)。

運ばれてきたお料理の、美味しいことといったら!サーブの見目麗しい若者に聞いたところ、「私どもの姿目当てではなく、純粋にお料理を愉しみに来られる方も多いのですよ」とのこと…。そりゃあそうだろうなあ、この味なら。近くのホテルのビュッフェ、ラウンジのお茶、スイーツより、よっぽどオイシイです!お値段もそれなりに高めだけど!

さて、見目麗しい、所作も見事なイケメン給仕のお陰でたっぷりと優雅な時間を過ごしたあとは、もう一個のカフェにいざ、GO!

ここは、あの少女マンガでよく見かける、ヒジョーに人気なシチュエーションを実際体感できるというので、いま話題のスポットです。

…いや〜、されちゃいました!あのシチュエーション!いや〜、困ったな。自分赤くなりすぎ。動揺しすぎ。でも、オススメです。手軽なトキメキ補給にぜひ!

ここは役者さんが「アレ」をやってくれますが、ウワサでは超絶イケメン人形や、あの、世界的にも有名なキャラクター人形がやってくれるところなんかもあるそうですよ。

どちらのカフェもかなり恥ずかしいです…。ひとりで行くのがオススメ…。

Category: archive