〝人には言えないけれど…〟禁断(!?)のひとりのお愉しみ特集

引き出しの中や、洗濯物を干すとき、色のグラデーションで並べるのを愉しむ女性。多色な下着、服を持っているため、その日、着ていく服、下着の色までトータルでないと気が済まないが、誰かに見せるためではなく、自分ひとりのため、究極の自己満足のためにやっているのだと言う。

友を捨てよ!街に出よう!ひとりで歩く、眺める世界の新鮮さ…

あふれる情報の中で、自分なりの判断基準を見失いがちで、自分の欲しいもの、やりたいこと、楽しいと思えることがわからなくなっている人が多いと聞く。友人と離れ、ひとり過ごす時間の中で自分の価値基準、自分という人間を取り戻すことのススメ。

自分のこと、本当に知ってる?分かってる?自分と向き合ってみる

「自分はこういう人間だから、こういう人間は許せない」と宣言するような人というのは、実際には、自分のことがよく分かっていない、ただ理想の自分を演じているだけのことが多い。のちのち自分のクビを絞めることのないよう、そうした言動を慎み、真実の自分を向き合いたい。

ウワサの〝あのカフェ〟に潜入!堪能するなら断然ひとりがいい!

今の彼氏やご主人にちっともときめかないからって、浮気や不倫の大暴走は絶対しない方がいい。それでも、ときには、ときめきたい、キュンキュンしたい、生きてる実感を感じたいの、という人に、近頃話題の、かんたんときめき五級の出来るカフェをふたつ、ご紹介。