〝ひとりぼっち〟は虚しくない!自分取り戻すかけがえのない時間

近頃、人間関係に疲れていませんか?そんなときはムリしてまで人に合わせることはありません!

「スケジュール帳がほとんど真っ白!早く予定を入れて埋めないと…」。焦って人と会う約束をつくった結果、気が合わない人の興味の持てない自慢話や趣味の話にえんえんつきあわされるとか、「この人は、暇な私につきあってくれてるんだ…」と一緒にいる人に必要以上に気を遣って疲れてしまうばかりだとか…。

そんなことに時間を費やすくらいなら、自分が心から楽しいと思えることに、自分の大切な時間をつかった方がよっぽど有意義かもしれませんよ?

スケジュールと言うのは、必ずしも「人に会う」、「人に合わせる」ためのものではなく、自分自身がやること、積極的にやりたいと思うことを遂行する、かけがえのない時間です。

そこで大事なのは、自分自身が「やること」、「やろうとしていること」の対外的な素晴らしさであるとか、SNS等でアップしたとき、他人から「イイネ!」と思ってもらえる、というようなことではないような気がします。

大切なのは、どれほど「自分が充実できるか」に尽きる!

「自分が充実している」と心の底から思うこと=対外的に〝他人に誇れること〟と思っている人も、少なくはないでしょう。もちろん、それもある人にとっては正真正銘の「本音」であり、「真実」でもあるのだと思います。でも万人がそうとは限りません。

しかし、中には、そうした、世間一般的(と思われている/ような気がする…)価値観にがんじがらめになってしまっていて、自分自身の心の中の声をまったく無視しまくり、「自分の私生活を充実」させているのではなく、「自分の私生活を対外的に充実させているように見せかける」というお題目を遂行しつづける羽目に陥っていることに気づかず、心身に多大なストレスを溜め込んでいる、というケースも少なくないようなのです。

自分自身の貴重な時間を費やし、他人への気兼ね、気配りに心をすりへらし、お金までつかって…、それで得られるものが、ただ、「スケジュールを埋めることができた」事実だけで、心を癒すことも、心を豊かにすることもできていなかったとしたら、それほど残念で無為なことはないと思えるのですが…。

もう一度、自分の心を見つめ直してみませんか。心の中の声、〝ホンネ〟に耳を澄ましてみませんか。自分が心からしたいこと、それがもし、「ただ、ひたすら惰眠を貪りたい」ということだったら、それで十分だと思うのです。「スケジュール帳になにも書けない!」「休日に、ただ寝てただけなんて周囲から怠け者だって思われちゃう!」…そんな心配は一切ご無用!今したい、と思う、それをすることこそ、あなたの心と体を充実させること、明日への活力を養うことに繋がります。ぜひ、自分のためだけに、快適な睡眠空間をつくってあげて欲しいと思います。

今からご紹介するのは、そんな充実したひとりの時間を楽しんでいる人たちへの体験談。惰眠以外にも、楽しいプランが目白押し。ぜひ、あなたもめくるめく「おひとりさま」の世界へ、独り立ち、してみませんか?

〝人には言えないけれど…〟禁断(!?)のひとりのお愉しみ特集

引き出しの中や、洗濯物を干すとき、色のグラデーションで並べるのを愉しむ女性。多色な下着、服を持っているため、その日、着ていく服、下着の色までトータルでないと気が済まないが、誰かに見せるためではなく、自分ひとりのため、究極の自己満足のためにやっているのだと言う。

友を捨てよ!街に出よう!ひとりで歩く、眺める世界の新鮮さ…

あふれる情報の中で、自分なりの判断基準を見失いがちで、自分の欲しいもの、やりたいこと、楽しいと思えることがわからなくなっている人が多いと聞く。友人と離れ、ひとり過ごす時間の中で自分の価値基準、自分という人間を取り戻すことのススメ。

自分のこと、本当に知ってる?分かってる?自分と向き合ってみる

「自分はこういう人間だから、こういう人間は許せない」と宣言するような人というのは、実際には、自分のことがよく分かっていない、ただ理想の自分を演じているだけのことが多い。のちのち自分のクビを絞めることのないよう、そうした言動を慎み、真実の自分を向き合いたい。

ウワサの〝あのカフェ〟に潜入!堪能するなら断然ひとりがいい!

今の彼氏やご主人にちっともときめかないからって、浮気や不倫の大暴走は絶対しない方がいい。それでも、ときには、ときめきたい、キュンキュンしたい、生きてる実感を感じたいの、という人に、近頃話題の、かんたんときめき五級の出来るカフェをふたつ、ご紹介。